乾燥肌の私がしているスキンケアをまとめてみました

スキンケアLIFE

未分類

15才若く見えるスキンケア!お肌にたっぷり栄養を与える方法をまとめてみた

投稿日:

シミ・シワ・ニキビ・たるみがなく、みずみずしく透明感があること、キメが細かく整っていて毛穴が小さいこと、弾力のある柔らかい肌であること、メイクによる色素沈着がなく明るい肌であること。そんな美肌を手に入れるために最も必要なのは、カラダと同様にきちんと栄養分を与えてあげることです。そして、常に清潔な状態を保つこと。スキンケアとは、化粧水など水分による保湿=飲み物、クリームや乳液による保湿=食べ物と同じ。必ず「2種類の保湿を分けること」がとても重要になります。あとはただ小まめに顔を洗うだけ。洗い方や洗顔料の選び方よりも、まずこの「洗う」という行為が何よりも大切です。

とにかくシンプルに!お金をかけずにカンタンお手入れ♪

一般的に売られている化粧品や洗顔料は、洗浄成分が強すぎると、逆に赤みやかゆみなど肌荒れを起こしてしまうことがあります。或いは、油分の多いファンデーションやクリームなどをずっと付けていると、肌が本来持っているはずの最低限の皮脂さえもだんだん出なくなってしまい、慢性的な乾燥を引き起こします。人間のカラダと同じように、肌も適度に休息を与える必要があると言えます。寝る時など何も付けない時間を作り、メイクをしていない場合には、ぬるま湯だけで洗うことも大事。最初は不安になるかもしれませんが、洗顔料を使わなければ、必要な油分や水分を取りすぎることもなく、本来持っている潤い成分が自然に生成される肌に生まれ変わっていきます。そうすることで、「足りなければ付けて足す」のではなく「内側から自然に生み出す」ようになっていくのです。

過剰なスキンケアをシンプルに変えたらトラブルがなくなった

一番のメリットは、お金をかけずに日々の心がけだけで変われたこと。帰宅したら洗顔する、朝起きたら洗顔する、それ以外にも気になったらすぐ洗う、という生活に変えてから、肌トラブルだけでなく気持ちの面でもスッキリすることができました。洗顔後も、使うのは化粧水と乳液の2つのみ。また、水での洗顔をぬるま湯や蒸しタオルにしたのもかなり効果的でした。毛穴の奥に溜まった汚れは、空気に触れて酸化すると黄色〜黒っぽくなります。過剰なスキンケアをやめ、小まめなぬるま湯洗顔に変えたことで、毛穴の奥まで開いて洗うことができるようになりました。実はスキンケアだけに限らず、服の襟元やワキなどが黄ばんでしまう場合にも、同じことが言えます。こうした毛穴に詰まった汚れは、なんと体臭の原因になるとも言われています。今では毛穴の黒ずみがキレイになっただけでなく、シャツの襟が黄ばむこともなくなりました。

やることは3つだけ!洗う、水分を保湿する、栄養を与える

いろんな新商品が出たり、美顔器やマスクが流行ったり、ついつい目新しいものを試したいと思ってしまいますが、すぐリニューアルしたりなくなったりする商品は、必ず継続できない何かしらの理由や、売るための企業の戦略なんかがあると思ってしまっていいでしょう。この先5年10年、同じものを果たして使えるでしょうか? もし合わなかったり余計に悪くなってしまったら、それを取り返すのも大変です。プラスアルファのケアをあれこれとするよりも、まず土台作りとして、畑で言うなら土を耕す部分、つまり小まめに洗顔することを心がけてください。メイクをしているとき以外は洗顔料を使わずぬるま湯洗顔にしてみること、そして他に必要なのは水分と栄養分の補給だけで充分です。私たちが普段食事をするような感覚で、肌への飲み物と食べ物を適度に与えるだけで、同世代とは圧倒的に差をつけるスキンケアの完了です。

-未分類

Copyright© スキンケアLIFE , 2019 All Rights Reserved.