乾燥肌の私がしているスキンケアをまとめてみました

スキンケアLIFE

未分類

フェイスパックはいつまでにすれば良いの?

投稿日:

美肌ママでいたいけれど、子持ちにとってお風呂あがりは戦場と化しているというのはママあるあるです。
子供を拭いて、保湿して、着替えさせることが最優先で、自分のことは着替えもドライヤーも後回し。スキンケアなんて正直している暇なんてないです。だけど、産後の肌は敏感でトラブルにまみれてやっぱりケアしないとやってられない!そんな葛藤に日々苛まれていました。

そんな私にぴったりだったのはフェイスパック。乾燥で肌がカチカチにならない為という目的なので、お手頃価格のものでもオッケーです。後からスキンケアはしっかりするので、その場しのぎですぐに保湿だけはしたいという子育てママの時短美肌ケアです。

簡単で、手間なくパパッとできるのがフェイスパックの良い所

通常のスキンケアだと、手、またはコットンに化粧水を取ってパッティングするので、つかの間の間、自分の顔に両手が集中することになります。

お風呂上がりにママの両手が子供から離れると、せっかく温まった子供が裸で走って逃げ出したり、着替えまでの時間が開いてしまう事で風邪をひいてしまうきっかけになったり、とにかく子供のことが一段落するまでは、ママの手は子供優先です。スキンケアなんて悠長にしているひまなんてないんです。そんな子育てママにぴったりなのが、フェイスパックです。

後から化粧水をしてクリームを塗る時間なんていくらでも確保できるので、まずは自分の顔を乾燥から守る為、パッと取り出して、顔型から多少ずれててもいいんです。とにかく顔に水分を与える事が出来ればそれで十分です。

時短だったとしても「スキンケア」をやっている安心感を得れる

産後は子供と一緒に体の老廃物も一緒に外に排出されて、お母さんの肌はケア次第でとっても良い方向に導かれると聞いたことがあります。しかし、この「ケア次第」というのが実は大変なのです。

思うようにとれない睡眠、思うようにとれない食事、慣れない子育て、出産でダメージを受けた体。色々なことが産後ずしーんとのしかかってきて、正直赤ちゃんと同じつるぴか肌には、スキンケアを何もしないでなれるわけ到底ありませんでした。

自分のことより子供が優先な生活に変わると、自分でも想像以上に不器用だったんだと痛感することも沢山
経験しました。

時間を配分するために、「自分のことは最小限にコンパクトにまとめる。」こうすることが自分にとっての楽に繋がると発見し、スキンケアにおいてはフェイスパックで時短ケアを行なうことで、産前と変わらず、肌はどうにか綺麗を保てています。

頑張りすぎない。とりあえずやることが大切。

外に出ない日は落とす手間を省くためにすっぴんでいることを選択するし、できれば簡単にさくっとスキンケアは終わらせたい。

でもしっかり保湿はしたい。というズボラなのに欲深いのが悩みどころですけれど。

そんなズボラ。これ自体は正直悪くないと思います。でも、何もしないのではなく、とりあえず何かやるズボラでいることはイコール最低限頑張っているということだと思います。

化粧水、美容液、乳液、クリームをフルでするようなしっかり美容女子にはなれなくても、その4行程が補えると最近のフェイスパックは謳っています。お風呂上がりにピリッと袋を破いてさっと乗せて、着替えてドライヤーをあてて、部屋でくつろいで外したらもうそれでオッケーなのです。

-未分類

Copyright© スキンケアLIFE , 2019 All Rights Reserved.